40代のお父さん家事

今や共働きで夫婦ともに忙しい時代。40代お父さんは働き盛り真っ只中!のんびりした休日にでもちょこっと家事しませんか?お父さん向け簡単お手軽な料理も実践紹介します。

血圧が気になるお父さんは、食事とリラックスと入浴を習慣化しよう

f:id:motohj:20180605152807j:plain

もと@40代お父さんです。

40代になってくると血圧が気になりますね~。

同時になんとなく疲れもたまりやすいですね。

 

仕事から戻ってきてやれやれ~。

汗かいて体ベトベトだし、お風呂入ってさっぱりして一杯飲んで食事したい!という気持ちは染みるほど分かりますね(笑)

 

ただ、高血圧対策として、早めの食事→リラックス→入浴→リラックス→就寝を習慣にしていきましょう。

リラックスを間に取り入れることで、血圧も大きく変動せずに落ち着いてきます。

 

また、就寝前の入浴は、体を温めて睡眠の質を高めるためにも有効です。

そのため、入浴を最後のステップにしていきましょう。

 

そもそも、なんで血圧を気にしているのか??

私が高血圧だからです。(笑)

血圧の高いお父さんは要注意です。(自分の命を守るためにも。)

 

↓血圧が高くなった過程は、こちらの記事をご覧ください(汗)

motohj.hatenablog.com

食事の直後や飲んだ直後の入浴は危険

かといって、ご飯食べた後すぐにお風呂に入るのは危険です。

食後やお酒を飲んだ直後は、食べたものを消化吸収する働きが起こるので、血液が胃腸のほうに集中して流れていきます。

同時に、脳や心臓の血液は一時的に減っていきます。

すると、一時的に血圧が低下します。

血圧が低下している中で熱いお風呂などに入ると、血管が広がり、血流量が減りすぎて梗塞を起こす危険があります

お風呂の温度も適切な管理が必要です。

お風呂は、食後1時間以上あける

では、どのくらい間を空けたほうがいいでしょう?

目安としては、1時間以上がベストとされています。

ゴロゴロしながらテレビを見るのも良し、音楽を聴いたりして気軽にリラックスするとよいでしょう。

 

しばらくリラックスすれば血圧が戻り、安定してきます。

 

リラックスした後に適温のお風呂に入れば、体もゆっくり温まって血圧もさらに下がっていきます。

心身の疲れを和らげることも、夜間高血圧の予防につながります。

まとめ

食事→リラックス→入浴→リラックス→就寝の順番を習慣化していくと、血圧も大きな変動を起こさず、安定していきます。

間にリラックスを入れるのが特に重要で、夜は時間をかけてゆっくり休息を取りましょう。

 

私自身も寝る前に入浴すると、布団に入った瞬間すぐに眠りにつくことができます(笑)

 

くれぐれも、食後すぐの入浴は危険ですので気をつけましょう。